当サイト、現金化即日情報館では、あらゆる角度から即日で現金化を行なっている業者を徹底比較していくサイトです。

クレジット現金化は携帯(スマホ)PCがあれば、どこからでも即日に現金を調達できる優れたサービスになります。

そんな優れたサービスですが、お金が絡むサービスには悪意を持った業者が紛れ込んでくるのも必然です。

そのような会社で契約しない為にも、基本的な予備知識と優良店を選ばなくてはいけません。

そこで当サイトでは、正しい現金化の使い方と最新の優良店サイト情報を常に配信していきますので、ご活用頂ければと思います。

即日現金化に関する予備知識の情報はこちら
知っておきたい予備知識
優良店サイトの一覧情報はこちら
即日現金化優良サイト一覧

スピード即日現金化ランキングTOP5

NO.1 おひさまクレジット

おひさまクレジットは創業12年の現金化業者です。

こと業者に限っては創業年イコール安心感といわれています。

その理由として長年営業している業者は、利用者が満足するサービスを提供する事が出来ている証拠なのです。

つまり創業12年のおひさまクレジットは利用者が満足するサービスを提供する事が出来る業者ということがわかるのです。

詳しくは下記の詳細ページからもご覧ください。

NO.2 新生堂

新生堂

新星堂は高換金率で現金化できる優良店です。低額の申込みはもちろんのこと、利用額20万円以上であれば換金率87%を最低保障してもらえますので、低い換金率になることはありません。
また、カードトラブル0件の実績がありますので信頼できる優良店と言えるでしょう。

NO.3 24キャッシュ

24キャッシュ

24キャッシュは即日入金の為の業者と行っても過言ではありません。
成約率は95%、リピーター率は93%とこの数値を確認するだけでも利用者が満足している証明になっています。
現金化に迷っている方は24キャッシュに一度お電話をしてみてはいかがでしょうか?

NO.4 あんしんクレジット

あんしんクレジット

高換金率で即日入金を希望するならあんしんクレジットはいかがでしょうか?
2009年から営業している現金化業者で、驚異の最大換金率98.8%で即日入金を可能としています。
ユーザー満足度も非常に高い優良店であり、比例して入金速度も速くなっています。
他にも初心者が安心できるようなサービスも取り揃えていますので、初めての現金化にはあんしんクレジットが最適です。

NO.5 スタークレジット

スタークレジット

スピーディに取引がしたいのならスタークレジットを利用してみてはいかがでしょか?
入金までに掛かる時間は最短3分、新規の利用者でも最短で20分という入金の早さをたたき出しています。
スピードクレジットは今すぐに現金が欲しいという要望を完璧に応えることができる優良店です。

即日現金化業者の選び方

即日現金化業者の選び方

今ある資金調達の中で、もっとも手っ取り早い方法はクレジットカードの現金化になります。

このサービスの特徴は特に審査もない来店もしなくて良いという便利なサービスから人気も高く利用されている資金調達方法となっています。

また、即日中に現金を手にする事も可能なので、現代においては大変便利な金策方法と言えるでしょう。

しかし、いくら人気のサービスだからと言っても、現金化業者は慎重に選ばなければいけません。

その理由は優良の現金化業者を選択しなければ自分が痛い目にあう事になってしまうからです。

優良の現金化業者を利用する為には、まず自分の目で優良の現金化業者と悪質の現金化業者を見分けられるようになる必要があります。

悪質の現金化業者を見分けられるようになる

その為にクレジットカード現金化について知識を付ける必要があるのです。

まずはクレジットカード現金化とはどのようなサービスなのかを見分けるところから始めていきましょう。
詳しくはこちら!

選べる現金化方法 | キャッシュバック方式と商品買取方式

選べる現金化方法 | キャッシュバック方式と商品買取り方式

このサービスには主に2種類のサービスがあります。

それが、キャッシュバック方式商品買取方式という現金化方法になります。

キャッシュバック方式と商品買取方式の違いを簡単に説明していきましょう。
一番違う部分はその手順です。

キャッシュバック方式

  1. 業者に申し込みをする
  2. 本人確認と個人情報の登録をする
  3. 現金化希望額を伝える
  4. クレジットカードで商品を購入する
  5. 現金が口座に振り込まれる
  6. 商品が届く

キャッシュバック方式業者での利用の場合は即日現金化がほぼ可能となっており当日に受け取れる可能性は極めて高くなっています。

銀行の関係上、申し込みの時間により振込みがその日の内に済ませられない場合もあるかもしれませんので利用時間には注意してください。

しかし、業者によっては24時間振込み対応の口座を持っている方は銀行の営業時間も関係なく振込んでくれるので心配の必要はありません。

商品買取方式

  1. 業者に申し込みをする
  2. 本人確認と個人情報の登録をする
  3. 現金化希望額を伝える
  4. 業者から購入する商品を指定される
  5. 購入した商品を業者に送る
    (2日~3日)
  6. 届いた商品を業者が査定する
  7. 現金が振り込まれる

しかし買い取り業者の場合においては、商品を購入し自宅に届いたら一度業者に返送して買取ってもらわなければいけません。

なので、現金化してもらえる金額が2回に分かれてしまう可能性があります。

キャッシュバック方式の方がお得?

確実に即日希望の方は、キャッシュバックでの現金化業者を選んだ方が良いでしょう。

また買い取り業者でも商品によっては当日に全額入金してくれる業者もあるそうです。

例えば電子通信機器などを取り扱っている場合など、メールのみで取引できるのでわざわざ商品を郵送で送る必要はありません。

しかし、このような商品の場合、法律的に貸金業とみなされ逮捕されている業者もあります。
詳しくはこちらの記事を参考にどうぞ。

この現金化サービスは貸金業ではございませんが、中には闇金融と並行して現金化サービスを行なっている業者もあると聞きます。

なので、ご利用にあたってはお客様自信が自分の目を養ってもらい正しい業者での利用を心がけてください。

業者との良好な関係を持っていけば、いざという時にこのサービスは必ず役に立ちます。
当サイトでも最新の情報を日々提供していきますので、少しでもお役に立てたら幸いです。

もっと詳しく知りたい方は、こちらも参考にどうぞ▼

クレジットカード現金化を利用する理由と状況

世の中にはクレジットカード現金化でなくても現金を手に入れる手段は数多く存在しています
そんな選択肢の多い中で何故クレジットカード現金化を利用しなければいけないのか?と思った事がある方は多いのではないでしょうか。

そんなクレジットカード現金化を利用する理由としては以下の様な場合が存在しています。

キャッシングやカードローンに落ちてしまった

お金を借りるという行為には基本的に審査が必要です。
しかし、その審査で落ちてしまった場合お金を借りる事が出来ません。

キャッシングやカードローンに落ちてしまった

その様な時にクレジットカード現金化を利用する人は数多く存在しています。

クレジットカード現金化はカードの利用枠さえ残っていれば審査を行わなくても利用する事が可能になっているサービスです。

比較的簡単に手続きを行う事が出来る為、その手軽さを買われている部分もあるのです。

即日で現金化は本当に可能なのか?

現金化を利用する上で換金率には重点を置きたいですよね。
しかし、時には換金率よりも入金速度の方を重視する場合もあるのではないでしょうか。

そんな緊急事態に「間に合いませんでした。」では利用者である私たちが損をしてしまいます。

利用する方は手元にすぐ現金が欲しいから現金化を行っている筈です。
では、ここでなぜ即日で現金を手にする事が出来るのかを簡単に説明させていただこうと思います。

利用者のクレジットカードを決済した後に振込まれる現金ですが、この現金は業者が元々持っているお金が振り込まれています。
(一部例外の現金化方法あり)

なので申し込みの手続きさえ終われば、業者からすれば持っているお金を振込むだけなので何も難しい事はありません。
つまり、申し込みさえ終わってしまえば現金を入金してもらうだけで手続きは全て終了です。

不可能ではありませんね。

しかしそれは優良店に限ったお話です。

何かには翌日に入金されたり、2日後という事例もあるようです。

そのような事にならないように現金化業者選びはしっかりとしなければなりません。

現金化業者選びはしっかりと

そもそもどの現金化業者でも即日で入金してもらえる訳ではありません。

新規利用者は特に厳しく、残念ながら最短入金速度で入金してもらう事が出来ない場合が多くあります。

何故、新規の利用者は入金が厳しいのでしょうか?

最短入金時間の真実

実は現金化業者のいう最短換金率は『一番早くて』という意味が含まれるのです。
つまり1時間や5時間長くて1日掛かる業者も存在するという事です。

入金まで1日掛かる業者は少ないですが、最悪の状況も充分に存在しているという事を頭に入れておきましょう。

新規利用者は個人情報の登録が必要

更に新規利用者は個人情報の登録と確認が必要になります。
この個人情報の登録は確実に行わなければいけません。

個人情報の登録と同時に本人確認も同時に必要になるので、リピーターよりも入金までに時間が掛かってしまうのは確定しています。

早い業者では1時間以内に入金まで完了してもらう事が出来ますが、遅い業者であれば2時間ほど時間が掛かってしまいます。

業者によっては24時間入金を行ってくれるところもありますが、利用者も対応の銀行口座を持っていなければ24時間の入金をして貰う事が出来ません。

15時以降・土日の入金は可能?

結果からいいますと、15時以降・土日の入金は可能です。

その際、15時以降・土日振込みに対応している口座を利用者が持ってなければいけません。
先程ご説明させていただいた24時間入金可能の口座ですね。
15時以降・土日の入金は可能
つまり、業者指定の口座を持っていれば土日祝日関係なく24時間いつでも入金して貰う事が可能となっているんです。

では採用されている24時間振込対応の銀行口座を確認していきましょう。

  • ゆうちょ銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 楽天銀行

15時以降の入金は基本的にこの3つの口座が15時以降の入金・または24時間振込みの対象となっている事が多い金融機関の口座になります。
その為、利用者側も24時間対応の銀行口座を増やす。

ほとんどの現金化業者では上記の銀行口座を利用すれば15時以降・土日の振込みサービスを行っていただけるのですが事前の確認は怠らない様にしましょう

即日スピード入金の現金化業者をご所望の方はこちらを参考にしてください。

個人情報の登録と本人確認方法

本人確認、個人情報の登録に必要な物を確認していみましょう。

  • 住所
  • 電話番号
  • 身分証(公的機関発行の物)

最低でもこの3つは必要になります。
基本的には身分証が無ければ当然ではありますが、クレジットカード現金化業者を利用する事はできません。

クレジットカード現金化業者を利用する事はできません

しかし、入金速度の高い優良の現金化業者を利用することでその時間の短縮は可能となっているのです。

身分証の情報は悪用されるのか?

流石にないとは思いながらも個人情報を第3者に教えるのはどうしても気が引けてしまいますよね?
確かに自分の個人情報なので悪用されてしまうのではないか?という不安に駆り立てられる事かと思います。

実際に個人情報を悪用されて被害を受けている現金化利用者も存在しています。

個人情報さえ渡さなければ安心して現金化を行えますが、それでは業者にリスクが生じてしまいます。
盗んだカードかわからない物を現金化するのは気が引けてしまいますからね。

業者が悪質でなければ心配は不要

結局、重要なのが業者が悪質であるかどうかという所なんです。
個人情報を提出するのが信用の置ける現金化業者なのであれば、何も問題はありません。

通常通り申し込みを行う事が出来ますし、その後何か問題があるという事もありません。

数々の比較サイトで『業者選びが肝心』と言っているのはこの為ですね。

本人確認不要の業者には要注意

個人情報が悪用されるのが怖い、嫌だからと言って本人確認が必要な業者を利用する事だけは絶対に止めましょう。

クレジットカード現金化のサービスにおいて本人確認は法律的な問題で必須の行為です。
その本人確認が不要、と言っている時点で怪しいサービスである事は間違いありません。

詳しくはこちらの記事を参考にご覧ください。

『即日現金化業者』だが入金が遅い業者も存在する

入金が遅い業者も存在する

ランキングに掲載されている業者の他にも即日入金と宣伝している業者は存在してます。
ここでは即日と宣伝し入金もしてくれるが内容が伴わない業者の詳細を掲載していますので、参考程度にご覧下さい。

クレジットカード即日現金化のプライムウォレット | 実は即日ではない?

プライムウォレットは創業以来30,000人突破している現金化業者となっています。
最高換金率は98%。業界最大値を更新しているようですが、今では最大98.9%の換金率を提示している現金化業者もいるので最大値とは言い難い換金率です。
買取金額第1位、優良店総合第1位という輝かしい称号を掲げていますが実際の所はどうなのかは定かではありませんのでご注意ください。
そして、24時間web申し込み対応ですが、入金まで対応してくれる業者ではないようです。電話対応時間が9時~20時なので20時以降に連絡をしても電話による手続きを行ってくれないという事になります。
15時以降の入金はプライムウォレット指定の口座をお持ちの方ならば問題なく行ってくれるようですが、それは電話での本人確認などの手続きを終わらせた利用者限定になります。
その為、24時間申し込みを受け付けているが入金までの対応は20時までという事になります。
詳しくはこちらの詳細ページをご覧ください。

プライムウォレットの詳細ページはこちら

優良業者と言われているジョイフルの真実

ジョイフルは最大換金率98.5%の現金化業者となっています。
一時期、このジョイフルは優良現金化業者の代表みたいなものでした。
しかし、その勢いも時代が流れ今ではそこまで優良と言えるような業者ではなくなってきました。
更に15時以降の入金もジョイフルの営業時間を確認する限り、18時までとなっているのが良くわかります。
詳しくはジョイフルの詳細ページをご確認ください。

ジョイフルの詳細ページはこちら

カードが利用停止すると言うのは本当なの?

カードが利用停止すると言うのは本当?
『クレジットカード現金化を利用したらカードが利用停止になってしまう。』
という事を耳にした事があります。

しかし、実際にはクレジットカード現金化をという事ではなく

  • 自分でやる現金化
  • 商品買取方式の現金化

この2つの方法で現金化を行ったらクレジットカードが利用停止になってしまうという事なのだそうです。

詳しくはこちらをご覧ください。

クレジットカードが利用停止になってしまう理由

自分でやる現金化と商品買取方式を利用した場合に何故クレジットカードが利用停止になってしまうのでしょうか?

簡単に言うと、カード会社にクレジットカード現金化という行為がバレてしまうからです。
クレジットカードのショッピング枠を利用した現金化はカード会社の規約違反になってしまいます。

その為、規約に違反した利用者はクレジットカードを止められた挙句、未払い金を一括請求される可能性も孕んでいるのです。

現金化業者を利用すれば利用停止にならない?

しかしクレジットカード現金化業者を利用すればカードが利用停止になる事もなく現金化を終わらせる事が可能になっています。
その理由は現金化業者の決済方法が大きく関係していました。

現金化業者は自社で決済端末を持っている業者が殆どなのですが、この決済端末で高額の商品も合計の金額が同じになるように少額の商品として決済を通しいるからなのです。

この決済の方法は基本的に行って貰う事は出来ません。
これが原因でカード会社に現金化がバレるケースが一番多いのです。

つまり業者を利用しない現金化はクレジットカードが利用停止になる可能性は付きまとうという事ですね。

クレジットカード現金化のリスク間違った知識もある

クレジットカード現金化のリスク間違った知識もある

このようにクレジットカード現金化にはリスクに見えてそうでもない物があったりします。
クレジットカード利用停止の他にも以下の様な『リスク』というものがありますのでご確認ください。

換金率は下がっているのではなく引かれている

クレジットカード現金化を利用した事がある方はわかるかもしれませんが、換金率がサイトに記載されている数値よりも低いという経験や話を聞いたことはありませんか?

実はこの現象は噂や都市伝説ではなく、本当に起こる現象となっています。
なぜここまで換金率が変動するのでしょうか?

やっぱり、クレジットカード現金化は危険なサービスなのでは?

という思う方も多いかもしれませんが、そういう事ではありません。
まずは現金化の換金率がどのように変動するのかを見極める事が重要となります。

現金化を利用する時に掛かる消費税と手数料について学んでいきましょう。

消費税と手数料を引いた時の換金率

簡単に説明すると換金率が下がる理由というのは商品を購入・販売した時に掛かる消費税と業者の利益になる手数料が掛かってしまうのです。

むちゃくちゃな話と感じるかもしれませんが、こればかりはどうしようもない現象です。
クレジットカード現金化では必ず商品を購入します。

そこで消費税が掛かってしまうのため利用者の換金率から引かれるようになっているのです。
更に現金化業者の利益となる手数料も換金率から引かれるので、最終的に換金率が下がってしまうという事なのです。

クレジットヒストリーによって現金化のしやすさは変わる?

クレジットヒストリーによって現金化のしやすさは変わる?

現金化を行うクレジットカードには信用問題に大きく関係したクレジットヒストリーという物が大きく関わってきます。
この、クレジットヒストリーという物はいったいどのような意味を含んでいる物なのでしょうか?

では、簡単ではありますがこのクレジットヒストリーについて簡単に説明させていただこうと思います。

クレジットヒストリーとは?

簡単に説明すると、このクレジットヒストリー、略してクレヒスという物はクレジットカードの信用問題になります。
カードの信用問題が現金化にどのように影響するのか?という疑問点ですが、高額決済を行ってもカードが利用停止になるかならないか?という部分に大きく影響しているのです。

クレヒスが悪くなればなるほど、カード会社からの信用が極限に無くなっていきます。

そうなるとどうなるか?

  1. カードが利用停止になる
  2. 契約解除になる
  3. 新しいカードが作れなくなる
  4. ローンが組めなくなる

最悪の場合には上記のようなリスクを伴うこともあります。

何をしたらクレヒスは悪くなる?

基本的にクレヒスが悪くなる理由は以下の様な物が理由になります。

  1. カード利用額の支払いが遅れる
  2. カードの規約違反を行う
  3. 滞納の連絡をしない

クレヒスはカード会社との信頼関係のような物です。
元々知っている同士ならば少しの支払い遅れや、支払い忘れは許されるかもしれません。

信用ゼロの人が支払いを遅れた場合、最悪を考え疑うのが基本というものです。

クレヒスがいいと現金化がしやすい理由とは?

クレヒスがいいと現金化がしやすい理由とは?

信頼関係と先程から言っていますが、この信頼関係は最初はすぐに切れてしまう蜘蛛の糸のようなものです。
しかし、繰り返し利用するうちにどんどん太くなり丈夫になっていくのが信頼関係です。

走れメロスのように、自分の命を懸けれるまでの信頼関係はそう簡単には築けないでしょうが、高額の商品を購入しても現金化を疑われないぐらいの信頼関係は築き上げれるかと思います。

なので、信頼関係を築き上げることは可能でしょう。
つまりクレヒスを上げる事で現金化を行うリスクを減少させる事が可能になるということなのです。

投稿日:

Copyright© 現金化即日業者を独断で選んで解説|現金化即日情報館 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.