知っておきたい予備知識

クレジットカード現金化の仕組み~カードが現金に変わるまで~

投稿日:

カード現金化の仕組み

現金化とは、ざっくりと言ってしまえば、ショッピング枠をお金に変えるということです。

しかしどのようにして現金に変わるのか?そこまでの仕組みを理解されている方は少ないでしょう。

そんな方の為に、カードの現金化ができるまでの仕組みをわかりやすいように詳しくお伝え致します!

ショピング枠とはカードでお買い物できる額のことです。

ショッピング枠をどのようにして現金に変えるのかといいますと、ショッピング枠で商品を買いそれを売って現金にするということです。

ショッピング枠で商品を買う方法、売る方法

カード現金化の仕組み

商品をカードで買ってそれを売る、では何を買ってどう売るのか?

基本的に現金化に使われる現金化の方法は2種類のやり方で取引されています。

商品買取方式キャッシュバック方式です。

ではどのように違ってくるのかご説明いたします。

商品買取方式

カード現金化の仕組み

商品買取方式とは、まず現金化業者の指定した商品を買います。

  1. クレジットカードで買った商品を現金化業者に送ります。
  2. 現金化業者に商品が到着します。
  3. 商品の到着、確認後、現金を業者から振り込んでもらいます。

その際に、約3日~4日の日数がかかります。

以上が商品買取方式の現金化の仕組みになります。

簡単に説明をしますと、タバコを吸うA君とB君がいたとします。

A君がクレジットカードでB君のタバコを買ってあげました。

タバコをカードで買ってもらったB君は、代わりにA君へ買ってもらったタバコの代金を現金で渡してあげました。

上記のようなやり取りが、商品買取方式の仕組みになります。

では次にもうひとつの現金化方法をご紹介いたします。

キャッシュバック方式

カード現金化の仕組み

もうひとつの現金化、キャッシュバック方式の方法をご説明します。

  1. 現金化業者から指定された商品をカードで購入します。
  2. その後、現金が口座に振込まれます。
  3. 後日、商品がアナタの手元に届きます。

以上がキャシュバック方式の仕組みになります。

どっちのほうがお得なの?

カード現金化の仕組み

この二つの方式には大きな違いがあります。

まず商品買取方式には大きなデメリットが存在します。

商品買取方式は、現金が振込まれるまでの期間が長いという事とカードの利用停止になりやすいという事です。

なぜカードの利用停止になりやすいのか

そもそもカードでの支払いはカード会社にお金を借りている状態です。

つまり、『借りたお金で買ったもの』=『借りているもの』という扱いになります。

自分の貸しているものが勝手に売られただけではなく、売って出来たお金も勝手に好き勝手使われていたら腹が立ちませんか?

カード会社の立場からするとそういう状態です。

そんな事をしていたら、もう何も借したくはありません。

結果、カードが止められてしまうのです。

更にカードが利用停止になると今まで使った額の代金が一括請求されてしまいます。

そんなデメリットを帯びた現金化方法が商品買取方式なのです。

しかし、キャッシュバック方式は心配はありません。

では、なぜキャッシュバック方式はそのような心配がないのでしょうか?

キャッシュバック方式は買ったものを現金化しているわけではない

カード現金化の仕組み

商品買取方式は買ったものを売ってお金を得る方式、キャシュバック方式は買った物に付いて来た景品(現金)をえる方式です。

景品は会社が、商品を買ってくれたアナタへお送りする物なので、買った商品を売って現金に変えている訳ではないのです。

上記の理由からカードの利用停止の危険性を回避することができるのです。

なので商品買取方式よりも、キャシュバック方式の方が安全であるという事がわかります。

カードの現金化ならばキャッシュバック方式

カード現金化の仕組み

現金化の仕組み、少しは参考になったでしょうか?

解っているようなものでも、案外知らない事の方がたくさんあったりします。

知らない物事であれば尚更、知らない事を知った上で改めて見返してみると違う理解をして受け取り方も変わってくるでしょう。

予備知識がある事で、自分のリスクとなるものを避ける事ができるようになります。

少しでも皆様の予備知識になれれば幸いです。

現金化の注意点

-知っておきたい予備知識
-,

Copyright© 現金化即日業者を独断で選んで解説|現金化即日情報館 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.