知っておきたい予備知識

カードを持っていても即日現金化を利用できない方について

投稿日:

カードを持っていても即日現金化を利用できない方について

誰でも利用ができる資金調達としてクレジットカードを使った即日現金化が流行っているのは確かなのですが、現金化トラブルの中にはカードをお持ちであっても利用できない方もいらっしゃいます。

何故クレジットカードを持っていれば誰でも利用することができる現金化を利用できない人がいるのでしょうか?

それにはおおよその原因があることに検討がつきます。

その持っているクレジットカードに問題があるのかもしれません。

原因は1つだけでなく複数ある可能性がありますので、どういう事情で取引ができなかったのか解説していきましょう。

現金化が利用できなかった理由とは?

ショッピング枠残高が不足している

一番多い原因としてはお客様がご想像されているよりショッピング枠残高が少なかったことがあげられます。

クレジット現金化は、カードのショッピング枠を現金に換えるサービスなのでショッピング枠が決済金額より少なければ取引をすることができないのは当然のことです。

どの店舗をご利用するかはお客様次第なのですが、ご利用する度にご面倒と思いますが必ずクレジットカード会社へ現在のショッピング枠残高のご確認はお忘れなくするように心がけてください。

利用金額が多額すぎる

クレジット現金化はショッピング枠さえ空いていれば、その分だけ利用できるというわけではありません。

今までまったくカードを利用していない人が急に何十万もの取引をするとカード会社が不正利用の疑いを持ち、カードの利用を一時的に停止することがあります。

ここで言う不正利用とは他人による「なりすまし被害」を防ぐものですが、調査をされれば現金化目的での利用が発覚してしまう可能性も0ではありません。

現金化目的での利用は利用規約によって禁止されていますので、利用停止になることは間違いないでしょう。

この時に利用する額面を決められているのであれば、カード会社に「これから何万円のショッピングをします。」と申告をされると良いでしょう。

何故かと申しますと、現在どのクレジットカード会社も大変高額のショッピングに関してはご本人様がご利用されていることがわからないと決済の認証をいたしません。

この時点でご本人様がお電話されていることがわかりますので、カード会社もこれから利用するのだと認識いたしますのでスムーズに即日現金化ができるはずです。

カードの種類によってはリスクが高いため取引拒否されることも

銀行が発行元のクレジットカードの種類は取り扱ってくれるサービス会社にもよるのですが、最悪な事態が起こる可能性もございますから慎重にお選びいただきたいと思います。

特に三井住友銀行と西日本シティ銀行が発行元のカードで即日現金化をお考えであればどのような対応をされるのか見定めることが重要です。

大半の業者は「取り扱いができない。」「止めた方が良い。」というようなことをおっしゃってくるでしょうから、そういう業者は低レベルの店舗だと思っていただき関わらない方が良いです。

確かにこの種類はお取扱いが難しいのは間違いないのですが「お時間が多少かかります。」「いつまでに現金を必要とされていますか?」というようなことをおっしゃる店舗であれば手続きができると思います。

通常利用したい額面で現金化はできることは確かなのですが、この種類に関しては一度に決済する額面は10万円以下に抑えることがよろしいので高額であるならば時間をかけて回数を分けて決済をすることで取引を進めることが出来るでしょう。

原因を調べてクレジット現金化を活用しよう!

現金化が利用できない方

カードを持っているのにクレジット現金化を利用できない時には必ず原因があります。

その原因は現金化業者ではなく利用者にあることがほとんどなので、利用できなかったからといって諦める必要はありません。

原因を解消することで現金化を利用することができますので、まずは何故利用できなかったのかというところを探るところから始めましょう。

時と場合にもよりますが、ショッピング枠残高さえあればクレジットカードの現金化ができないということはないと認識してください。

-知っておきたい予備知識
-,

Copyright© 現金化即日業者を独断で選んで解説|現金化即日情報館 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.