知っておきたい予備知識

現金化を利用した時に引かれる手数料とは?

投稿日:

現金化を利用した時に引かれる手数料とは?

現金化を行った際に言われた換金率が想像よりも低い!と思った方は多い事でしょう。
実はこの現象はどこの現金化業者でも起こる事で、その原因は現金化業者の純利益となる手数料が原因となっているのです。

ではこの手数料が一体どのくらい引かれるのか?という事が気になりますよね。

現金化業者は一体どのぐらいの手数料を現金化を行う時に差し引くのでしょうか?

換金率から逆算する手数料

換金率から逆算する手数料

現金化業者によって変わる換金率のカラクリは、この手数料に原因があります。

では、その換金率から現金化業者が取る換金率を逆算していってみましょう。

現金化業界の平均換金率は75%と言われているのはご存知でしょうか?
この換金率はすでに手数料などを差し引かれた換金率になっています。

では仮に換金率が平均の75%だった場合の換金率を見て行きましょう。

適用された換金率から逆算していく

仮に換金率が75%だった場合の計算式は以下のようになります。

Y%(元の換金率)-8%(消費税)+X%(手数料)=75%

ここで解らないのは、元の換金率手数料です。
このままでは、換金率がよくわからない事になってしまいますね。

そこで現金化業者の換金率表を目安として利用します。

現金化業者の換金率表はあくまで金額別の最高換金率となっているので、100%正確な数字ではありません

しかし、その換金率に近い%で現金化を行ってくれるので目安として数字を当てはめていきます。

仮に5万円の利用で、換金率が88%と表記している現金化業者だった場合の計算式を見てみましょう。

88%(元の換金率)-8%(消費税)+X%(手数料)=75%

ここまでくれば、手数料はもうわかりますね。
以上の式から手数料は5%という事が解りました。

以上のように現金化業者の換金率表などを駆使して、予め換金率と手数料を導き出す事が可能なのです。
しかし、この換金率は確定の換金率ではないという事を心得ておいてください。

手数料の相場は存在するのか?

手数料の相場は存在するのか?

換金率の相場、というものを聞いた事があるかもしれません。
先程お伝えした換金率の75%が現金化業界で相場と言われている換金率なのですが、換金率に相場があるのであれば手数料にも相場がありそうなものですよね。

しかし調査を進めた結果、手数料は現金化利用者によって変動するという事が解りました。
現金化サービスはリピーターであれば換金率が優遇されると言われていますが、この手数料が一番の理由です。

リピーターの換金率は高くなっているのではなく、現金化業者から優遇されているので手数料が低くなっているという事だったという訳ですね。

つまり手数料は固定化されることはなく実態が掴めない状態でした。
その為この手数料関係の問題は現金化業界でも有名なトラブルの種と言われるようになってしまったのです。

本当に悪質な手数料を取る現金化業者も存在する

本当に悪質な手数料を取る現金化業者も存在する

手数料によって換金率が引かれる数値が大体わかりました。
割合的に15%~20%前後というところでしょう。

しかし、ここで問題なのが悪質な手数料を取る現金化業者の存在です。

この現金化業者は明確な悪意の下、現金化利用者から通常では考えられない手数料を徴収しています。
中には手数料で50%も取られ換金率が50%を切ったという方も中には居るようです。

現金化業者を利用する際には、その様な現金化業者を選択しないように心がけましょう。

優良の現金化業者が探すのが手間だ!という方は即日現金化が可能な優良現金化業者をランキングにして紹介しておりますので、そちらからお選びする事をオススメいたします。

優良現金化業者一覧はこちら

-知っておきたい予備知識
-, ,

Copyright© 現金化即日業者を独断で選んで解説|現金化即日情報館 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.